新しいスタイルの葬式もサポート・多摩市の葬儀に関する話

お葬式

無宗教葬という選択肢について考える

葬式は通常、故人のご先祖様から受け継がれてきた宗教に合わせたスタイルで行います。仏教、キリスト教、神式など色々な宗教があり仏教でも宗派が異なると、招くお坊さんも異なります。しかし、先祖がどの宗派かわからない場合や宗派にこだわりたくない場合も出てきます。そのようなときに利用されるのが「無宗教葬」というスタイルです。
では無宗教葬とはどのようなものなのでしょうか。
そこには、宗教や宗派の伝統やスタイルにとらわれることの無い自由なスタイルであります。お経を読んでいただく代わりに、生前個人が好きだった曲を流したり、スライドショーをしてみたりと、故人を楽しく送り出してあげることができます。祭壇の祀り方も宗教にとらわれないので自由にデザインして祀ることができます。
全てが自由な反面、注意点や考慮すべき点も出てきます。
自由な分、準備物、司会進行など全て自分達で行わなければいけませんし、最後には納骨場所の確保も必要です。よほど慣れた方なら別ですが、なかなかそのような経験者がいないのが実情です。そのため、プロデュースを葬儀社に依頼する必要がでてきます。また、遺族はそれで良くても、故人が本当にその形を望んでいたのかをよく考えることが重要です。あくまでも故人のためのものなので、故人の想いを最重要視して行いましょう。