新しいスタイルの葬式もサポート・多摩市の葬儀に関する話

お葬式

葬式の知っておくべき香典のマナー

冠婚葬祭には様々なマナーがあるものですが、葬式の際の香典については、どのくらいの金額を持っていくべきなのか、またその他のルールはあるのでしょうか。
香典とは、本来はお線香やお花を供えるものでしたが、今はそれらは喪主が準備するため、代わりに現金を包むようにしているものです。通夜または葬儀のどちらか参加する方に一度だけ持参します。
香典の金額は血縁関係が濃いほど高額になるものですが、あまり厳密なものではありません。不吉な「4(死)」と「9(苦)」が入る金額は避けた方が無難です。
そして、新札を使うのもNGです。お葬式のために前もって準備しておいたという印象を与えることになり、マナーとして古いお札を香典には使います。逆に新札しかない場合はお札を折って折り目をつけてから使います。しかし、使い古されたボロボロのお札を使うのも失礼なので注意してください。
葬儀の場合、香典の表書きは宗教で変わります。仏教なら、「御霊前」「御香料」「御香典」となりますし、キリスト教の場合は「御霊前」「御花料」となします。神式の場合には「御霊前」「御玉串料」「御榊料」といった表記をします。どの場合でも使える「御霊前」が最も無難な表現になります。
こういった葬式でのマナーは、若いうちは知らなくてもかわいいものですが、ある程度の年齢になると常識のない人だと思われますので気をつけてください。