新しいスタイルの葬式もサポート・多摩市の葬儀に関する話

お葬式

お葬式で喪主は何をする人?

葬式では喪主が必要になりますが、この喪主というのは葬儀の執行役や責任者のことを意味します。 これは参列者を迎える遺族の代表者という役割もありますが、法律的には誰が喪主をするべきという取り決めはありません。 故人の家族で相談し、ふさわしいと思われる人を喪主に選べばよいでしょう。
ただ、傾向として故人の配偶者、長男または長女、その他の子供、または親族中の兄弟姉妹が務めるのが一般的です。
葬儀には多くの決定事項がありますが、それを喪主は最終的に取り決めていく必要があります。しかし、こういった調整事は誰かにお願いし、表面上の喪主となるケースもあります。喪主がどこまで何をするのかということは事前に決めておきましょう。
喪主は基本的に葬儀が終わるまでは忙しくなりますので、お仕事をしている場合には勤務先に事前に知らせて、ある程度業務を調整してもらうと良いでしょう。喪主に専念できないがために判断を誤り、トラブルにならないよう注意が必要です。
喪主は、葬儀の主催者になりますので、参列者のように香典を出すことはありませんが、菩提寺へのお布施や、葬祭業者への支払いの責任を負いますので、お金のことはどのタイミングで処理するのかしっかり周囲と相談しておいた方が無難です。
役割を理解しておくと、自分が喪主になる場合もサポートする場合も安心です。