新しいスタイルの葬式もサポート・多摩市の葬儀に関する話

お葬式

お葬式の会場の特徴について

最近は、お葬式の多くは葬儀専門の会場を利用するようになってきていると言います。「自宅葬」が昔は当然でしたが、今は核家族化やマンション世帯などが増えている事情もあり、少数になりつつあるようです。
葬儀会場には、民営、公営の葬儀会場がありますが、こういったところは火葬場併設の会場が多くなっています。火葬のために移動する必要がなく、お通夜から火葬までワンストップで済ませることができるため、家族や参列者の負担も少なく済みます。ただし、予約が込み合うのがデメリットです。
自宅でも家族葬くらいなら対応できますので、自宅は小規模なお葬式を考えている遺族に選ばれます。慣れ親しんだ自宅から故人を送りだせるという気持ちの面の気楽さが大きなメリットになっています。近所への根回しや訪問者の交通の確保など、地域によって難しさもあります。また、遺族の負担が大きいのもデメリットです。
地域によっては集会所や公民館を葬儀のために貸してくれるところもあります。安価で利用できるのがメリットですが、必ず使えるわけではないことに注意が必要です。
宗教によっては、寺や教会などの施設で葬式を執り行ってくれます。こういった所では、葬儀会社が入れない場合もありますので、利用を考えるならそこの管理者の方に相談してからにした方が良いでしょう。神道では神社で葬儀を執り行うことはありません。